top of page
検索

いまどきの平屋はおしゃれで便利!建て替えるなら平屋かも♪



一戸建ては「2階建てが多い」という印象ではありませんか? でも日本人の伝統的な住宅スタイルといえば、平屋。今、伝統美に最新技術を取り入れた平屋が、子育て世代にも快適な住まいとして注目されています。ということで今回は、平屋に住む快適さとメリットについて紹介します。

暮らしやすさと快適さが同居した「平屋」

近年販売される一戸建ては2階建て、3階建てがほとんどを占めるようになりました。日本の住宅事情からその選択は否めないことではありますが、少しでも敷地面積に余裕があるなら「平屋」という選択肢もあることをお忘れなく! 日本家屋は、かつては平屋が一般的でした。時代を経て建材も変化し、2階、3階と増床されるようになりましたが、平屋には平屋のメリットがあります。比較してみると、あなたの暮らしにピタリと合うかもしれません。

平屋のメリット1:家事が楽!

平屋はフラットな造りでワンフロアに生活の機能がすべて集まっているので、家事が楽である点が挙げられます。ワンフロアなので2階建よりも、家事をしながら子どもに目が届きやすいのも子育て世代にふさわしい要因のひとつ。もちろん、「バリアフリー」という面からご高齢の方をはじめ、世代を問わず、安心して暮らせます。

平屋のメリット2:耐震性

地震列島・日本に住む以上、心配なのは地震などの災害時。平屋の造りは揺れに強く、耐震性が高いと言えます。緻密な構造計算により、最高レベルの耐震性能を持つ平屋を選べばより安心ですよね。

ちなみに、はじめに部屋の構造をきちんと設計すれば、平屋でも日当たりも風通しも確保できるから心配ご無用。


平屋のメリット3:実は費用も抑えられます

単純に坪単価で2階建と平屋とを比較すると、平屋の方が坪単価は高くなります。でも、同じ仕様で広さを維持しながら総面積を抑えることは可能です。例えば、階段を設ける必要がないため部屋を大きく取れて、階段分のコストが抑えられます。

「平屋」の印象は、「屋根」で決まる?

家の外観は、屋根の形によって印象が変わります。 外から家を見上げた時に、特に平屋は二階が無い分だけ人の目線と屋根の距離が近いため、屋根が視線に入りやすいのです。 屋根には「切妻」、「寄棟」、「片流れ」などの形があって、見た目の印象もさまざま。 好みは人それぞれですので、屋根を選べたら良いですよね。屋根の形だけでなく、窓のデザインや、壁の組み合わせなどで「おしゃれな平屋」になります。


「平屋」ならではの「間取り」もポイント!

もちろん見た目だけ「おしゃれな平屋」になれば良い、というわけにはいきません。家族が暮らしやすい間取りであることが第一です。 例えば、子どものおむつ替えや、気軽に昼寝ができる場所として普段使いできるタタミルーム。子ども部屋からも外に出られて、縁側のようにひなたぼっこして過ごせるウッドデッキ。秘密部屋のように書斎や遊び場になる小屋裏収納。 実現したいと思う暮らしがいろいろ思い浮かびませんか。 見た目のデザインも大切ですが、家族が実現したい暮らしを思い描いて、それを実現することに向かって理想の住まいを考えてみることがもっと大切です。 目指す住まい像がはっきりしていれば、これから先に実際の住まいづくりの過程でさまざまな判断をしなければならなくなったときにも、より良い方向に進むことができるはずです。 家づくりを考えるときにご参考ください。


bottom of page